スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
RE BIRTH WITH MUSIC
いわき街中コンサートにて、約二年ぶりのライブでございました。
関係者各位、大変お疲れ様でした。


SKYという夫婦デュオバンド(Vo、G)に、私達夫婦(B、P)とドラマーとうクインテットです。



私自身は、バンドの役に立ったか邪魔をしたかといえば、恐らく後者であろうと思います。
周りの音を聞く余裕がなく、演奏も甘えっぱなしで本当にすいませんでした。

わざわざ福島の実家の両親に来てもらい、ライブ中は息子を見ててもらいました。



2ステージあったのですが、最初の会場はまさかの暑さ!
なんだか頭がボーっとしてくるし、何がなんだか分からないうちに終了~…。

息子は「ママー!ママー!」と叫んでいました。


二回目のステージはアリオスという劇場の中ホールでした。
フォーマルな雰囲気の本格的な会場にびっくり。
自分のソロになるとスポットライトが当たるんですよ。

こんなの初めてです。

でも、ライブ終了後は「とってもよかったですよー」とお褒めの言葉をいただいたりしたので、ステージとしては成功だったのかなと思います。








久しぶりに、音楽をがっつりやって本当にたのしかったです。
大きなイベントなので、久しぶりに会う大学時代の友人や、ご無沙汰していた音楽関係者の方々とも再会できたのも大きな収穫でした。



ライブが終わって一番思うことは、やっぱり「目標があると違うな」ということです。
練習もするし、生活にハリがでる。
ただ、子供を連れてライブをするというのは、思っていた以上に子供に負担が大きい。
そして、午前中のリハからずっと面倒を見ていてくれた両親も大変そうでした(汗)

総合して考えると、年に一回「このイベントだけは絶対出るぞ」というのが理想かな。
頻繁に面倒をみていてもらうのは両親が大変だし、かといって目標がないのも良くないので。

年に一回のライブと、年に一から二回くらいのセッション(セッションだと、パパと交代で息子をみていられる)、とかね。


そういうペースを自分なりにつくれると、パパがライブやセッションに私達をおいて出かけてしまうたびにガッカリせずに済むのでしょうか。






ライブを終えた次の日から、また私の音楽生活が始まる。
そんな気持を忘れずに精進できたら理想です。



誘ってくれたSKYのお二人、私のつたない演奏に付き合ってくれたバンドの方々、面倒をみていてくれた両親、聞きに来てくれた友人達、機材を貸してくれたSKYのお父さん、皆さん本当にありがとうございました。
またよろしくお願いします(図々しい…)!
スポンサーサイト
【2011/10/18 15:15】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<あぱー | ホーム | 上昇気流>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://1019609.blog69.fc2.com/tb.php/357-bff0f138
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。