スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
屋敷
源氏物語を読み始めました。

分からない言葉もたくさんあります。
調べながら何とか読んでます。






話は変わり、昨日、旦那の実家へ行ってきました。

旦那の実家の敷地の中には住居が二つ。
片方にはご両親が、もう一方には叔母様が住んでます。
さらに、そこから坂を下って100メートルくらいのところにお兄さん家族のお家。

私の旦那が電話でしゃべっていると、「この電話、前にまわして」(叔母様と話をしていて、そこから内線で両親と代わって欲しい、という意味)とか「あ、上です」(ご両親のところから、お兄さん夫婦にかけている状況)と言っているのが聞こえました。






そこで、ふっと思ったことがあります。



「まるで、寝殿造りに住んでいる貴族のようだ…。」

寝殿造りでは、寝殿(しんでん)、北対(きたのたい)、細殿(ほそどの)、 東対(ひがしのたい)、 東北対(ひがしきたのたい)などの部分に分かれていいます。

(参考→ Wikipedia



「私はあなたの北の方(北対に住んでいる奥さんのこと)をあまり存じあげません」


っていうようなニュアンスの聞こえるわけです。




あたしだけ??
スポンサーサイト
【2009/07/06 15:07】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ノンアルコール | ホーム | 夏バテ防止メニュー★>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://1019609.blog69.fc2.com/tb.php/258-863f42bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。