スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
読書感想
原宏一さんの「床下仙人」を読んだ(念願叶って?)。

殺人のおきないサスペンスといったところか。
現実にありそうで、なさそうな絶妙なストーリーに夢中になってしまいますね。



全体的に“働く”という大きなテーマがある。

その中で、「家族の為にと休みなく一生懸命働いたら家族に見捨てられた」という悲しいサラリーマンが数人出てくるのですが・・・。

私も、会社という組織の中で働く辛さや悲しさは少しわかります。
そして、仕事から帰らぬ夫を待つ妻の寂しさもわかります。


わかったうえで、この一節を引用させていただきたい。





「どうしてなんでしょうねえ」

「夫が悪い、妻が悪い、会社が悪い、日本の社会構造が悪い、理屈はいくらでもつけられます。でも…」








「どうしてなんでしょうねえ」











本当に、どうしてなんでしょうねえ(笑)













家族がお金に不自由することなく生活する=家族の『愛』を奪う

だとしたら、

そんな悲しい話はないですねぇ…。


スポンサーサイト
【2009/06/29 15:22】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<合格しました! | ホーム | おでかけ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://1019609.blog69.fc2.com/tb.php/255-736fbc98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。