スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
血液型の話じゃないよ
昔、フリードマン,M.ローゼンマン,R.H.氏は医学的な観点から、人間を二つのタイプに分類しました。

タイプA・・・性格面では競争的、野心的、精力的、何事に対しても挑戦的で出世欲が強い、常に時間に追われている、攻撃的で敵意を抱きやすい、行動面では機敏、せっかち、多くの仕事に巻き込まれている

タイプB・・・タイプAとは反対の性格傾向を持つ人。あくせくせずにマイペースに行動し、リラックスしており、非攻撃的などの性格傾向を持つ人。


そして後の研究により、もう一つタイプCなる言葉がうまれたようです(これ、知らなかった)。

タイプC・・・いわゆる「いい子」で自己犠牲的であり、周囲に気を遣い譲歩的、我慢強くて怒りなどの否定的な感情を表現せずに押し殺す、真面目で几帳面といった特徴。



こちらを引用させていただきました。




なぜ、急にこんなことを書くかというと、人間関係で悩んだ時など、こうやって分類したり理論的に考えることで妙に落ち着くんですね。

感情的にならずに、一歩引いて理論的に考えると、答えが出るように感じるのです。


こんなんだから、「何考えているのか分からない」とか言われちゃうんだろうなぁー。
スポンサーサイト
【2008/05/30 13:18】 | 私的心理学 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<バイクでGo!Go! | ホーム | おじゃましました。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://1019609.blog69.fc2.com/tb.php/135-5a10e2f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。