スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
夢をみた
リンクさせてもらった「二度寝が好き。」面白いですよー。
どうぞ、ご覧になって☆


そんな私も、今日変な夢みたんです。



<夢の内容>

私と友人Aは、外から窓越しに部屋の中を覗いている。部屋の中にはピアノが二台あって、二人の知人がそれぞれピアノを弾いている。

なんだか、疎外された気分。

すると、片方の知人が死んでしまった様子。残されたピアノの鍵盤は、傷だらけで痛々しい。




そして、私と友人は、彼の死の真相を探るべく、長くつらい旅へと出たのだ―。



旅へ出た私たちは、途中コンビニへ寄り、ヒントを得、ある場所へたどり着いた。




そこは、薄暗いコンクリートで出来た部屋。地面には、緑色をした四角い鉄の板が無数、はめ込まれている。


私達は覚悟を決め、その板の一つの上に立ち、目をつぶった。
すると、その板は私達を乗せ、地下へと降りていったのだ―。



目をあけた私達。
その部屋は死人の集う場所。
多くの人が並んで横たわっている。しかし中には自分が死んだことを理解できず、まだ喋っている人もいる。動けない私達。
そこに、一組の家族がやってくる。母親とまだ幼い子供たち。子供たちは元気だ。どうやら、無理心中をしてここへ来てしまったようだ。

その部屋の中にある老人がいた。

どうやら、相当の権力の持ち主。彼がこう言っていた。
「あの医者に治せない病気などない。私は知り合いだ。私が口をきいてあげよう。そうすればきっと大丈夫!」




場面は変わり、現実の世界へ。

そこにには、息子を亡くした父と母がいた。
やつれた父が追い込まれたように、母にこういった。
「俺が息子を殺したんだ。」すると母はやや考えたあと、口を開いた。
「そう思ってしまうお父さんの気持ちは分かる。すごくわかるよ。でも、違うの。あの子は病気で死んだのよ。」


それが真相だった―。



<完>




こんな夢、重すぎるから・・・。







スポンサーサイト
【2006/12/12 13:47】 | | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<しそ焼酎ってご存知? | ホーム | お酒の後に>>
コメント
重!!
タイムリーに、今日だか昨日だかの私の日記に夢分析のサイトのurlを載せてるから行ってみー!
【2006/12/12 22:57】 URL | キサ #xfEiCw62[ 編集] | page top↑
分析のし甲斐がありそうだ・・・。
キサの日記もよく読ませていただきますよ~♪
【2006/12/12 23:18】 URL | 亜紀子 #-[ 編集] | page top↑
重い…
ホント重い夢ですな…
しばらく引きずっちゃうような感じだ…

夢日記、楽しんでもらえてるようでなによりですw
【2006/12/12 23:45】 URL | ゆい #-[ 編集] | page top↑
だからねー・・・
一回おきたけど、おかげさまで(?)あっと言う間に、また寝たよー。

ゆいの夢はおもしろいね(笑)
【2006/12/13 14:48】 URL | 亜紀子 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://1019609.blog69.fc2.com/tb.php/13-2ee55d9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。